Orlaco 日本 | ビジョン は使命

Orlaco は、適切な視野を確保するためのシステムが、すべての車両や船舶に標準搭載されることが理想と考えています。死角をなくすことで、安全性、快適性、効率性を高めます。

Orlaco は、どのような条件下でも機能する高品質のビジョンソリューションを取り揃えています。Orlaco は、OEM 製品向けカメラモニターシステムの統合において、世界をリードしています。製品開発から、設計、エンジニアリング、製造、テスト、サービスまでを自社で実施することで、成功を収めています。

当社の製品は、海上、道路、鉱山、港湾、倉庫、建設現場など、幅広い用途に採用されています。安全性、効率、人間工学面で継続的な改善が最重視される環境では、機械、車両、船舶の周囲のビジョンがますます重要になっています。Orlaco は、お客様の要件や業界規格を上回る高品質のビジョンソリューションを提供しています。OEM 各社との協力を通じて、Orlaco はイノベーションの最先端を進んでいます。Orlaco の製品は、IATF 16949 などの認証規格やAPQP/PPAP などの自動車産業プロセスアプローチに適合しています。

Orlaco の標準/プロ仕様のアフターマーケットビジョンソリューションをご紹介します。標準およびカスタムのビジョンソリューションの詳細については、当社スペシャリストまでお問い合わせください。
 

お問い合わせ
 


デジタルカメラモニターシステム

Stoneridge-Orlaco では、アナログシステムのほか、デジタルカメラモニターシステムもご提供しています。デジタル HMOS カメラと HLED モニターにより、商用および産業用車両が運用される困難な環境において、リアルタイムで高解像度のビデオストリーミングを実現します。高解像度技術により、車両の周囲を鮮明に表示します。

  • デジタルクオリティ
  • リアルタイム
  • 高解像度
  • 耐衝撃性および耐振性

デジタル HMOS カメラと HLED モニターは、重機、トラック、クレーン、フォークリフトに最適です。詳しくはお問い合わせください。



 

土工機械、掘削機械、農業機械用カメラシステム

リアビュー

機械に Orlaco のリアビューカメラを搭載することで、車両後方の作業エリアに良好な視界を確保し、より安全に後進できます。ギアをバックに入れると、キャブのモニターが自動的にリアビューに切り替わります。連続操作と手動操作の切り替えも可能です。リアビューカメラシステムは、各種土工機械に取り付け可能です。

ツールビュー

ツールビューカメラを取り付けると、車両に取り付けられたツールの視認性が向上するため、作業効率が大幅に向上します。掘削作業も、ツールビューカメラを使うことで、資材の積込み、吊り上げ、積下ろしがシステムによって補助されるため、より短時間で効果的に実施できます。さらに、ビデオケーブルを取り付けられない場合でも、ワイヤレスでビデオをシステムに接続できます。

サイドビュー

運転時や旋回時、運転者からは車両の側面が見づらいものです。Orlaco のサイドビューカメラを使うと、車両の真横にも良好な視界を確保できます。カメラシステムを導入することで、周囲の障害物や人を常にはっきりと確認でき、より安全に、効率よく、快適に作業できます。当カメラモニターシステムをリアビューカメラと組み合わせることにより、視界がさらに向上します。

RadarEye®

カメラと RadarEye を併用することで、運転時の安全性が高まります。当カメラシステムにはセンサーが搭載されており、危険な状況を音声と画像表示でただちに警告します。Orlaco RadarEye システムには複数のセンサーを追加できます。これにより、車両の周囲の危険エリアを検出することなどが可能になります。

フロントビュー

フロントカメラを搭載すると、車両の前方の状況を常にはっきりと確認できます。ホイールローダーのバケットなどが視界を遮り、前方確認が困難な場合があります。フロントカメラは、視界を遮る障害物の向こうまで、車両の周囲に広く視界を確保できるため、衝突を回避して、作業効率を向上することができます。

SurroundView

Orlaco SurroundView システムを使うと、車両全周の状況をリアルタイムで確認できます。画像はソフトウェア合成ではないため、重複のブレや歪みがなく、車両の周囲の状況をすべて把握できます。画像はさまざまなレイアウトで表示でき、方向指示器や走行速度に応じて切り替えできます。そのため、車両近くの人や物を常にリアルタイムで表示できます。

お問い合わせ
 

トラック、バス、客車用カメラシステム

CornerEye®

フロントミラーやコーナーミラーはもはや不要です。Orlaco の画期的な CornerEye デジタル HD カメラモニターシステムを使えば、トラックの前方と側方の死角もはっきりと確認できます。システムには、最新技術を採用した広角レンズが装備されており、270 度の視界を確保します。自転車や歩行者もしっかりと確認でき、左折も安全にできます。そのため渋滞時にも、効率よく、楽に運転できます。

MirrorEye™

トラックのサイドミラーに代わる革新的なインテリジェントカメラシステムで、ドライバーの視認性を高めます。MirrorEye は、ナイトビジョン対応の高解像度カメラと自動パン機能を備えています。また、従来型のトラックのサイドミラーと比べ、燃費を平均 1~2 %節約します。

リアビュー

トラックに Orlaco のリアビューカメラを搭載することで、後方の作業エリアに良好な視界を確保し、より安全に後進できます。ギアをバックに入れると、キャブのモニターが自動でリアカメラの映像に切り替わります。連続操作と手動操作の切り替えも可能です。さらに、リアビューカメラシステムは、どのようなトラックにも取り付け可能です。

RadarEye®

トラックにリアビューカメラと RadarEye を搭載することで、後進時の安全性が高まります。当カメラシステムには後進センサーが搭載されており、危険な状況を音声と画像表示でただちに警告します。Orlaco RadarEye システムには複数のセンサーを追加できます。これにより、車両周囲の危険エリア検出範囲を広げることなどが可能になります。さらに、このシステムを死角確認の補助として使って、自転車や歩行者を検知することができます。

フロントビュー

Orlaco のフロントカメラは、フロントミラーの代替としてご利用いただけます。このカメラは、Class VI エリアを完全に視覚化するため、自転車や歩行者も見逃しません。Orlaco フロントカメラをトラックに搭載すると、死角を可視化して、前方に良好な視界を確保できます。

サイドビュー

Orlaco のサイドビューカメラをトラックに搭載すると、右折/左折や車線変更が大幅に楽になります。トラック真横の状況やこちらに進行する車両を容易に確認できます。サイドビューカメラを使うと、運転操作がさらに安全に、効率よく、快適にできるようになり、道路利用者や障害物をはっきりと確認できます。このカメラモニターシステムをフロントビュー/リアビューシステムと組み合わせることで、視界をさらに最適化できます。

SurroundView

Orlaco SurroundView システムでは、リアルタイムでトラックの周囲を 360°確認できます。ソフトウェアが複数の画像を合成し、死角を視覚化します。画像はさまざまなレイアウトで表示でき、方向指示器や走行速度に応じて切り替えできます。そのため、車両近くの人や物を常にリアルタイムで表示できます。


 

お問い合わせ
 

建設用クレーン、産業用クレーン、港湾用クレーン用カメラシステム

ロードビュー

ロードビューカメラをブーム先端からフック方向に下向きに設置することで、作業エリアにフォーカスを合わせられます。クレーンのオペレータは、クレーンや積荷の位置に関わらず、吊り上げ時の状態をキャブのモニターで常に確認できます。カメラで全作業工程を視認できるため、オペレータはどの工程に関する指示も確認することができます。

ウィンチビュー

ウィンチビューシステムにより、ウィンチなどのケーブルに最適な視界を確保します。このシステムは、ケーブルの引き出しと巻き戻しを監視して、ラインの損傷を防止するのに重要です。モニターを一度タッチするだけで、クレーン周囲のカメラ画像を簡単に切り替えることができます。


 

お問い合わせ
 

フォークリフトトラックとコンテナハンドラー用カメラシステム

フォークビュー

Orlaco のフォークビューシステムを使うと、パレットを適切に、すばやく集荷できます。フォーク内側に取り付けられたカメラで、フォーク位置が適切かを確認できるので、フォークを誤って差し込まないよう防ぎ、より安全にパレットを積み上げ/積み下ろしできます。このシステムは、パレットの損傷を抑え、効率とオペレータの快適性が高まるため、採算性にも優れています。

【安全対策&作業効率改善】Orlaco社/フォークリフト向けビューカメラ&モニターシステム

ビューオンフォーク

ビューオンフォークステムでは、フォークキャリッジにカメラが取り付けられており、フォークやその他フロントエンドアタッチメントをモニターからはっきりと確認することができます。このシステムにより、トラックを荷物の積み上げ/積み下ろしに最適な位置へ初回に移動できるため、損傷や事故のリスクを容易に抑えることができます。

ミッドマストビュー

ミッドマストビューカメラを使うと、フォークやフロントエンドアタッチメントの状況を直接確認することができます。このシステムでは、積荷を簡単に確認できるため、初回に確実に積み上げや積み下ろしができます。このシステムを使うと、効率よく、安全に作業し、荷物の損傷を防いで、モニターから直接確認して、より快適に作業できるようになります。

【安全対策&作業効率改善】Orlaco社/フォークカメラとピンホールカメラのご紹介

フロントビュー

リーチ式フォークリフトでは、オペレータから、トラック前方の通路がほとんど、時にはまったく見えないことがあります。フロントビューカメラシステムを取り付けると、トラック前方のフロア状況を直接確認して、死角や障害物を避けることができるため、損傷を防ぐとともに、作業効率が大幅に向上します。

リアビュー

Orlaco のリアビューカメラをフォークリフトに搭載すると、トラック後方の作業エリアに良好な視界を確保して、より安全に後退できます。これにより、フォークリフト、倉庫、荷物の損傷や作業員の負傷を避けることができます。ギアをバックに入れると、キャブのモニターが自動でリアビューに切り替わります。連続操作と手動操作の切り替えも可能です。

RadarEye®

フォークリフトにリアビューカメラと RadarEye を搭載することで、後進時の安全性が高まります。当カメラシステムには後進センサーが搭載されており、危険な状況を音声と画像表示でただちに警告します。Orlaco RadarEye システムには複数のセンサーを追加できます。これにより、車両周囲の危険エリア検出範囲を広げることなどが可能になります。


 

お問い合わせ

 

お問い合わせ

ご質問、Orlaco についての詳しい情報、サービス内容についてのお問い合わせがございましたら、ぜひ当社のスペシャリストにお知らせください。

左のコンタクトフォームから Orlaco にご連絡いただけます。当社サポートチームは、原則 24 時間以内にご質問に回答するよう努めております(営業日に限る)。